しま.jpの日記

しまどっとじぇいぴー

広い海の話

インターネットは海だ。

その海の中で過去の自分を振り返った時、自分が汚染物質を流していたことに気づく。

 

海で汚染物質を取り除くのは難しい。過去のSNSアカウントのプロフィールとか、呟きとか。消し去りたいね。

 

海は汚い。奇妙なインターネットミームとか、ヘイトスピーチとかでであとは気に入らない奴の呟き。そんなんで溢れかえってる。全部消せたらなって思う。

 

***************

 

インターネットの中の人になってからもう10年以上経ったんだなって思うとなんか不思議だな。Youtube初音ミクの「マトリョシカ」を聴いたのが初めてかな。

 

プログラミングを始めたのは中2とかじゃかかったっけな。でもずっと前、それこそ小学生の頃から映画に出てくるようなハッカーに憧れてたっけな。今もあんまり変わらないか。

 

小学4年生のサッカー少年はインターネットに出会って今じゃ依存症だ。性格もだいぶ変わったなあ。

 

あ、海の話より自分の振り返りになりそうだからこのへんで終わります。へけ

身の回りの話

最寄りの駅とか、学校の近くとかの話。

 

日常的に見る光景っていうのによく目を向けられる人ってあんまりいないと思うんだ。

僕も普段は周りの光景を気にかけてるわけじゃないかな。

 

駄弁る女子高生、怒鳴るおじさん、ベビーカーで泣いてる赤ちゃん、あとは疲れてそうな会社員。

 

いろんな人達がいる。僕はいつも全く知らないいろんな人達に囲まれて生きてるんだ。

 

知らない人と一緒に箱の中で30分待機するなんて、正直言って狂気の沙汰だと思う。

でもみんな気にならないんだ。疑問にも思わない。それが「日常」だからね。

 

「日常」っていうのはつまり「慣れ」のことであって「慣れ」っていうのは「感覚の麻痺」だ。

 

麻痺しちゃいけない。そんな感じだ。

勉強ってなんだ

「勉強」と聞いて想像するものは、

国語だったり、数学だったり、僕が嫌いな化学、とか。

まあもちろん「人生自体が勉強だ」なんて意見もあるけどここでの「勉強」っていうのは
つまり退屈で、面倒くさい、みんなが嫌いそうなやつの話ね。

みんな一回は勉強をすることの意味っていうのを考えたことがあると思う。
もちろん僕も例に漏れない訳なんだけど、答えが出たことはないね。

「いい大学に行くため」とかは答えとしてはパッとしないかな。

僕は未だに嫌いな化学をやる意味を見出せてないし、好きな教科ですら何のためにやるかわからない。

分からないけどやっているんだ。 学校、もっと大きく言えば社会が決めた暗黙の了解的なやつだ。

「分からないけどやっている」ことが増えちゃいけないと思う。自分はこれ気づけただけ幸運だ。
でもこれから歳を重ねるごとに「分からないけどやっている」ことが増えるかもしれない。

それを考えたら少し憂鬱だ。そんな感じの月曜日だったね。

リアルのこと

リアルは大変だよね
面倒くさい仕事とか将来の不安、あとはきらいなたべもの

こんなものなんて無ければいいのにって思うけど、それはそれで困るかな
学校も友達も過去も未来も全部なくなればいいのにって思う
でも無くなったらやだな、とも思う

そんな感じだ